安田造園 の 日記 とは
ブログ -職人の思い-

カテゴリー別アーカイブ: 日記

今年も1年ありがとうございました。

今年も1年大変お世話になりありがとうございました。

おかげさまで、本日最終・本龍寺さんの仕事無事終える事が出来ました。

応援に駆けつけて頂いた仲間の植木職人のみなさん、

ほんとうにありがとうございました。

思えば今年5月に安田造園のホームページを新規リニューアルしていらい
多くのお客様に訪問して頂き・問い合わせもたくさん頂きありがとうございました。

おかげさまで、今年1年ほんとに忙しく仕事をさせて頂き感謝しています。
来年も安田造園をどうぞよろしくお願い致します。本日をもって
平成20年度の仕事を終了致します。今年お世話になった方々ほんとに
ありがとうございました。

皆さんどうぞ良いお年をお迎え下さい。

いよいよ最終

今日は嫌な雨が降ったり止んだり、小雨だんたんでなんとか助かりました。kao05.gif

いよいよ明日より最終現場、茨木の安威にある本龍寺さんにお世話になります。
府道茨木亀岡線46号線沿いから長ケ橋を安威川沿いに少し入った所にあります。
正式名称は「本門法華宗 妙顕山 本龍寺」です。
お世話になって、かれこれ20年以上になります、春は桜が楽しめ
秋は紅葉が楽しめ、ほんとに心が安らかになれるいい所です。

ところで明日は降水確率50%の予報で雪のマークが・・・kao19.gif お~~寒い kao18.gif

寒いなんて言ってられません、最終仕事を終えないと、正月は迎えられません、
そして毎年恒例の門松の制作をしないと。。。

ホームページを見て頂いてるお客様より門松の予約を頂きました。
ありがとうございました。

少し遅くなるかも分かりませんが、確実にお届けいたしますのでお待ち下さいね。

あ! そうそう今日はクリスマスだ若い人は町に出て楽しんでいる事でしょうね
ちなみに私の家庭では昨日、クリスマスイブに御祝いを済ませました。
嫁からささやかなプレゼントも頂きました。kao05.gif

さぁ~明日より年末31日まで気合を入れて頑張りま~~す。

お客様宅の千両

久々の更新です、言い訳になりますが毎日仕事に追われ・・・

今日お伺いさせて頂いたH邸のお庭に綺麗な千両のあざやかな
綺麗な赤い実が目に飛び込んできましたので、思わずシャターを
写真で紹介しますね、千両はよくお客様のお庭で見かけますが、
こんなに綺麗な千両はあまり見かけません、

今日お伺いしたお宅の奥様はケーキやお菓子をお作りになられる
先生です、生徒さんがたくさん居られます。いつも休憩時間には手作りの
美味しいケーキやお菓子をよばれています。
いつも、ありがとうございます。じつは今日も美味しいショートケーキ
を頂きました、ほんとに美味しかったです。
このケーキどう表現したらいいのか?リングになった部分はアイス

のような歯ざわりで中にいろんなフルーツが?入っていてほんとに美味しかった、
中央の赤いのはジャム?何だろう?聞けばよかった

ちょっと余談になりましたね、千両があまりに綺麗なので
生徒さんたちにお正月用として持って帰って頂くそうです。
今日はほんとにありがとうございました。

いよいよ今年も残り11日となりました。

マジで焦りますね、天気予報が気になります、
予報では明日・明後日と雨の予報 kao12.gif

この分だと年末ぎりぎりまで、仕事です。今年はお客様のおかげで
ほんとに忙しくさせて頂き、ありがとうございました。

多分31日まで仕事になりそうです、最後のラストスパートです。ではでは car02.gif car02.gif car02.gif

いよいよ師走

前回紅葉の写真を紹介しましたが、その後の写真は結局忙しくて
撮りに行く事が出来ませんでした。kao21.gif

いよいよ今日から師走ですね、普段の日となんら変わらないのですが
師走と言うだけで、気分的に追われているようで、焦りますね。

植木屋という職業柄12月という月は特に気分的に焦ります。
それというのも、年内の残り日数が決っているから、どうあがこうと、
余裕はありません、きっちりとお世話になっているお客様の

お庭を正月が来るまでに訪問してきれいにしないと、いけないからです。

1月になっても植木の剪定には全然問題は無いのですが、
やっぱり正月はお庭もきれいにして迎えたいですよね。
植木屋の私でもそう思います。

12月は残り日数が決っていますので、雨が降ろうが、やりが降ろうが、
休みなしで頑張らないと植木屋の正月はありません kao21.gif
毎年12月に訪問しているお客様、必ず訪問致しますので
心配しないで待っていて下さいね。

実は安田造園では年が明けても植木の剪定の予約を受け付けています。
どこの植木屋さんも同じだと思いますが、年が明けると一変して
仕事が暇になりますよね、植木屋の宿命ですね。

1月の植木屋の仕事は寒肥と冬場にしか出来ない石灰硫黄合剤の散布
この硫黄合剤はほとんどの植木につく害虫の予防に最適だと思います。
が、ほとんどの素人の方は、当然ですが知らないと思いますね。

よかったら、ためしに自分で散布してみてはいかがでしょうか?

もちろん完全武装をして、薬液はホームセンターの園芸売場に安価で
手に入ります。あ!そうそう安田造園では年明け2009年
1月の20日より4月20日まで通常の単価より15% OFFで植木剪定の
予約を受け付けています。

年内に間に合わなかった方、剪定の時期は気にしないという方は
是非お問い合わせしてくださいね、値引はしますが、手抜きはしません。

ではでは、今月12月は何より雨の降らない事を願って・・・
仕事頑張りま~~す。

PS、みなさんインフルエンザの予防注射を済まされましか、私は
忙しい中、ちゃんと済ましてきました、植木屋が風邪を引いていては
話になりませんし、お客様にご迷惑を掛けてしまいます。
まだの方は早めに行って下さいね。

モミジの紅葉

昨日の夕方ですが、仕事が早く片付きましたので、
安田造園が長い間お世話になっている茨木の安威にある本龍寺さんの
モミジの紅葉を見に行って来ましたので写真で紹介します。

来週から気温がおもいっきり下がるみたいで、一気に気温が下がると
もっともっときれいにモミジが色ずくとおもいます。

時間が取れましたら、来週もう一度行ってみたいと思いますが・・・

庭のリフォーム

10月の下旬に、滋賀県の栗東に庭のリフォームに行って来ました。
大阪茨木から栗東と言うと遠いように思われるかも知れませんが、
高速道路は便利がいいですね、時間にして1時間もあれば現場に着いてしまいます。

今回の工事は施主様が玄関入り口を別途増築したため玄関前のスペースが狭く圧迫感があるために、なんとかしてほしいと言う事で、庭の植木(ツバキ)の撤去及び庭石を移動して板石を敷きつめるという工事をしました。

ツバキの木はかなり年代物で上等なツバキでしたが、移植する場所もなく、かわいそうですが、撤去処分とさせて頂きました、ごめんなさい。写真で分かるかどうか?主石の色石はかなりの重量があり、2tのチェンブロックでなんとか移動据付、植木屋さんの手が入っていない松を取り合えず剪定、後は板石を敷きつめて完了し玄関前のスペースが広くすっきりとしました、施主様に喜んで頂きよかったです、ありがとうございました。

工事の経過を写真で紹介しますね。











仕上げは庭石を浮き出させるために石の裾を伊勢のゴロタ石でアレンジしてみました。

いろいろな松

風邪が流行ってますね、みなさん風邪をひいていませんか、
実を言うと私は風邪をひいていました。
でも、予定がいっぱいですので、根性で仕事していました。
今回の風邪は、喉がむちゃくちゃ痛くて、おまけに鼻水が・・・
気が付けば嫁はんにうつしていました。 kao12.gif うつしたから治ったのかも・・・

今回は松の剪定について、ひとくちに松と言っても、いろんな松があります。
全国各地にほんとにいろいろな松が、剪定方法もいろいろです。

私は個人的に少し赤松がかかったと言うか、葉の柔らかい松が好きです。
剪定の方法は、自然に近いやわらかい剪定が好みです。
地方により剪定方法もまちまちです、
私の修行時代は京都の本場でしたから、京都はどくとくな剪定方法です。

私の嫁は和歌山なんですが、和歌山は京都とはまったくと言っていいほど
剪定方法が異なります。私はどちらかと言うと京都風に近いですが、大阪の
狭い住宅環境では、その場所にあった剪定をしないと、京都風に自然仕立てを
何年もしましたら、松の枝先が伸びてご近所さんに迷惑をかける事になってしまいます。

もちろん敷地の広い環境ではのびのびと仕立てていきますが・・・
一般的に松は6月に緑摘みという剪定をしますが、それはそれでいいのですが、
私は緑摘みを好みません、と言うのも緑摘みの程度にもよりますが、
植木屋さんによっては6月に緑摘みと称して一芽残らず摘んでしまう
植木屋さんがおられます、それはそれでそういう仕立て方もありますが、
私は嫌いです。それと言うのも根こそぎ全部の芽を取ってしまいますと、
その止めた所から小さな芽が4つも5つもだんごのように芽が出てきます。

葉の短い小さな芽はいいのですが、全部の芽を止めていますので、まるで
盆栽のような松というか、松の木の流れがありません、そんな松を好む方は
それでいいと思いますが、やはり松は枝の流れや幹の勢いも松の景観のうちで
植木本来の姿だと思います。一度すべての芽を止めて仕立ててしまいますと
毎年その方法で剪定をしないとどうしようもなくなり、維持できなくなってしまいます。

やっぱり植木は自然に近い剪定方法が一番いいと思います。
こんな事を書くと同業者の植木屋さんにお叱りを受けそうですが、
どの剪定方法がいいかは人それぞれ好みが違いますし、地方により気候風土も違いますし、伝統がありますので、しかたありませんね。

ここ最近私手がけている松を紹介します。

この上の松は安田造園が手がけて4年目です、以前の剪定は芽を止めるだけの剪定でお手入れをしていたせいか、手も入らない状態でふところの枝は絡み合い枯れ枝はそのままでした、遠くから見ればそれなりにきれいですが、松の剪定は最悪でした、私が1年1年いらない枝を抜いていきやっと松らしい姿になってきました。松以外の植木は施主様が自分でお手入れをされています。

この上の松は、今年で2年目の剪定になります。初回にお声を掛けて頂いた時は荒れ放題と言うか、形がなかったです、この松は何十年も本職の植木屋さんが、お手入れをされていたそうですが、何十年も掛けてどうにもならない浮き上がった松に育てていたみたいですね、同業者として情けないです、今後徐々に戻していきたいと思います。初回に剪定した時は三分の二以上のこぎりで枝をはらいました、今後5~6年も剪定を続ければ少しは見れる松になると思います。

この上の松も安田造園で4~5年目です、この松も上の松に同じくひどい状態でしたが、かなりよくなってきました。

この上の松も4~5年目、安田造園が入る前は高齢の植木屋さんがお手入れをされていたいたそうですが、高齢でお亡くなりになり、困って依頼されてきました。この松をはじめて登った時は素人さんが、お手入れをされているのかと思うほど、肝心なふところの大事な枝が落とされてありません、小さな芽を大事に育ててここまで回復しました、松自体は勢いのあるいい松です、今後が楽しみな松ですね。

施主様より写真で紹介する事は上の写真を含みすべて了解を得ています、ありがとうござました。今後ともよろしくお願い致します。

松が哀れで可哀想 あまりにひどい剪定

みなさん、ご無沙汰です、久々の更新です。

言い訳になりますが、ついつい忙しくて更新が・・・kao21.gif

今日は松の剪定の話です、つい先日安田造園のお客様のお庭のお手入れに行った時の事です。お客様の近くのお宅で、安田造園のお客様ではありませんが、あまりにもひどい松の剪定を見て思わず写真を撮ってしまいました。写真を見て頂いたら、素人さんでも分かると思いますが・・・松がかわいそうです。お客様の話では、プロの植木屋さんが剪定をしていたそうですが、プロならなおの事同じ植木屋として恥ずかしいです、どうしてこんな剪定をするのでしょうか、kao21.gif kao14.gifわざわざ大事なふところの大事な新芽をきれいに取り除いて切る詰めるべき芽を残しているのでしょか?プロの仕事ではありませんね。植木の好きな素人さんの方が、ず~~とましな剪定をします。こんな剪定をしてお客様から、お金を頂くのでしょうか?不思議です。ま~~この写真を見てやって下さい。この記事を見ている方は良ければ一言感想を頂ければ幸いです。

次に紹介する下の写真は、安田造園のお客様の松です、この松は安田造園が剪定をさせて頂いて5~6年目でしょうか、この松も初めはかなり浮き上がってどうにもならない松でしたが、かなりましになってきました、引き続きこの先も剪定をしていきたいと思っています。この記事を見ている皆さん上の写真との違いがお分かりでしょうか?

松は他の雑木と違って葉の無い枝からは芽を出しません、と言う事は上の2枚の松のように浮き上がった状態からは切り戻しは不可能に近いです。可哀想ですが、それなりに枝を作っていかないと仕方ありません。それにしてもあまりにひどい剪定で上の2枚の写真の松はかわいそうです。上の2枚の写真の松のようになる前に、植木屋さんを替えた方がいいですね、素人さんには分かりづらいかも分かりませんが、早めに業者さんを断って下さいあなたの大事な松が可哀想です。松はちゃんと手入れをしていれば、年々良くなってくるのが普通ですが、年々悪くなっていると感じたら早めに植木屋さんを替える事をおすすめします。

これから日々少しずつ寒くなっていきますが、みなさん健康管理に気を付けて風邪など引かないよう、気を付けて下さいね。ではまた!kao06.gif

大きな松

めっきり秋の空気に入れ替わりましたね、
キンモクセイのいい香りが何処からともなく香ってきます
お客様のお宅でキンモクセイの匂いがすると、
なんともいえないいい気持ちになります。

先日新規のお客様で大きな松のあるお宅へ訪問してきました。
この大きな松は今まで75歳の高齢の植木屋さんが手入れを
していたそうです、今回は体の調子が悪いと言う事で安田造園に
依頼されました、安田造園のお客様でもこんなに大きな松が
植わっているお宅は数件しかありません。

立派な大きな松ですが、私にとっても久々に大きな松で職人
としての血が騒ぎました、松のうえに上ると下から見るのとは
大違い、中段くらいの枝は命綱がないと枝先まで手が届きません。
こんな大きな松を75歳の植木屋さんが手入れをいてたと思うと
さすがにたいしたもんだと関心させられました、
長年の経験がないと出来るもんではありません。

私も30年以上植木屋をしていますが、まだまだひよこです
植木屋さんの仕事は大変ですが、やりがいがあり大きな松を
きれいに手入れして下まで降りた時は気持ちがいいもんです。

植木屋さんには定年がありません、私は今年52才です、
と言う事はまだまだこれからしっかり仕事が出来ます、kao05.gif kao05.gif
まぁ~体が資本ですから、健康であればの話ですが・・・
私は植木屋の仕事が大好きですから、80歳までを目標に
頑張ろうと思います。この大きな松を75歳の植木屋さんが
お手入れをされていたと言う事で勇気付けられました。

安田造園へのご依頼ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

お庭のリフォーム?ガレージ工事かな

ここ最近すっかり涼しくなって、過しやすくなってきましたね、 kao05.gif 
朝はかなり肌寒くなってきましたので、風邪をを引かないよう
気を付けましょう。

今回紹介するのは、長いお付き合いをさせて頂いている
お客様です。
毎年12月に植木の剪定をさせて頂いています、
今回裏庭の中の駐車スペースの土間が痛んでるし、
使いがってが悪いと言う事で
お庭の一部を改修して広げる事にしたそうです。
と言う事でお客様の承諾の上ご紹介致します。

上の写真はここに神棚を祭っていた所です、
宮司さんに依頼して御祓いをして頂きました。

上の写真は既存の板石と庭石を再利用させて頂き、
大きな庭石は重機が入らないので
チェングロックを使い石組をしました。

下の写真は、このスペースも車が乗り上げる事が
ありますので、6㎜のメッシュ敷きをして
サイコロをかませました。

この部分は裏の入り口の前ですので、コンクリートのままでは
味気ないので庭と違和感のない色でスタンプコンクリート仕上げの作業です。

この下の写真は駐車スペースになる部分です、
コンクリートの下で見えなくなりますが、
一番重要な工程でメッシュ敷きとコンクリートの割れ防止の
ための収縮目地を入れているところです。

裏入り口前のスタンプコンクリートが
仕上がった状態の写真です。

無事完成しました、写真では分かりずらいですが、
きれいに仕上がりお客様に大変喜んで頂きました。
お客様に喜んで頂けるのが、
一番うれしく思います。

このたびは、誠にありがとうございました。
植木のお手入れの方は例年どうり12月に訪問させて
頂きますのでよろしくお願い致します。

どこの植木屋さんもこれから年末にかけてますます
忙しくなります。剪定で待って頂いているお客様例年どうり
順次訪問しますので今しばらくお待ち下さいますますよう、
よろしくお願い致します。