安田造園 の 日記 とは
ブログ -職人の思い-

カテゴリー別アーカイブ: 日記

植木治療

今回は植木(ヤマモモ)の外科的治療の紹介をします。

お客様のS様より依頼を受けヤマモモの治療に行って来ました。

このヤマモモはお庭に植えて50年以上経つそうです。
安田造園でのお付き合いは3年ほどですが、
お手入れに訪問した時から気になっていました。

ヤマモモそのものはこんな状態ですが、とても元気です。

写真でも確認できますが、ほとんど主木(幹)は80%
以上腐ってしまい一部の形成層だけで生命を維持している
状態です、一生懸命生きています。形成層に徐々にでは
ありますが、幹に亀裂が入ってきています。

今回ますます症状が悪化してきたため、お客様とも相談し
ヤマモモが少しでも元気になって長生きしてくれればと
治療に踏み切りました。

まずは写真を見て頂きたいと思います。

治療の写真を紹介します。
この写真は上から順番に幹の腐敗した部分を取り除き
この状態まで切除したところです。

根の部分はほとんど腐敗していました。

電動サンダーを使って腐敗部分を荒削り
しているところです、けっこう大変な作業ですが
腐敗した部分がかなりひどいので手作業では手間が掛かりますので取りあえずは大雑把に切除しています。腐敗した根の下に元気な
太い根が生きています。

電動サンダーを使用する時は充分に注意して下さい。

一通りの防腐処理を施したところです。

鉄筋を組み植木が倒れないようにベースコンクリートを打ちました。
残っていた根の部分は直接コンクリートに触れないようマサ土で
保護しています。

枠組みをしコンクリートを流し込み枠を外したところです。
コンクリートのはみ出た部分を修正

コンクリートが完全に乾くまで何日か置いて仕上げのペンキを
塗りました、出来るだけ元の幹肌に近い色を塗るように気を付けました。
以上で作業は終わりです、
これでまずは一安心ヤマモモも喜んでいる思います。

今回お世話になりました、S様ありがとうございました。

作業完了日 2月17日

スズメバチの巣を撤去

仕事には直接関係ありませんが、

 お客様からスズメバチの巣を撤去してほしいとの
 相談を受けて、なんと kao12.gif

 先日スズメバチの巣を取ってきました。 kao06.gif

実を言うと相談を受けた時は、スズメバチの生態を
ほとんど知らなかったので、ちょっとびびったのですが、
専門業者さんに問合せをしたところ今の時期活動は
していなくて巣の中は空っぽ状態で女王蜂は冬眠中という事です。

お客様の頼みとあらば何でもやらなくては・・・ kao06.gif
写真を見てやって下さい。

ここは何処でしょう hatena01.gif  kao12.gif 

なんと・なんと使用していない2階のトイレです。

窓に張っていた網に少し穴が開いていたそうです。 

トイレの電気は何処・何処 hatena01.gif hatena01.gif hatena01.gif
電球も一緒に巻き込んでいました。

見てのとおりタバコと比較すると分かりますが
直径60cmくらいはあると思います。
    
撤去日 H22年3月4日

こんな経験はなかなかできないと思います。
それにしても立派できれいな模様がなんとも言えませんね kao06.gif

ありがとうございました、取りあえずは何でも相談して下さいね。

システムポート設置工事

システムポート新規設置工事を紹介します。

かんたんに言うと既存のガレージの屋根を撤去して
2台分の屋根を新しく設置させていただきました。

1月29日着工~2月5日完成

箕面市のH邸様の依頼でお世話になりました。
H様には昨年の5月に子供の砂場工事でお世話になっています。

今回はガレージの屋根もですが、なんと言っても草引きが
面倒なのと植木の世話が面倒と言う事です、植木の世話は
安田造園に任せて頂いているのですが・・・ kao06.gif

普段の管理でたとえば水遣りとか草引きができない
それとガレージを使い勝手よく広く使いたいとの事
言葉で言うより写真の方が分かりやすいので・・・
写真で紹介します。

植木は可哀想ですがすべて撤去処分させて頂きました。 kao21.gif

植込みの部分はすべてスタンプコンクリート仕上げです。

施主様が仕上がりの様子を拝見されとても喜んでおられました。 kao06.gif

施工する前と比較すると広々として開放感があり屋根の柱が両端
いっぱい外に設置していますので、ガレージは有効幅いっぱいに
使用できますね、建物側は軒いっぱいまで寄せていますので
雨の日でも車の乗り降りをするさい雨に濡れなくてすむので
気持ちがいいですね。

工事をさせて頂いた私が言うのも変ですがほんとに
気持ちがいいです車4台ゆったりと駐車できます
私もこんなガレージがほしいです。

H様 ありがとうございました。
本宅のお庭のお手入れの時期になりましたら、
またお世話になりますが、よろしくお願い致します。

お庭改修工事

正月以来3ヶ月ぶり久々の更新です。 kao06.gif



あっという間に3月です、サボってたわけではないのですが・・・

バタバタしててついつい kao17.gif



植木屋さんの仕事としては1月は恒例の寒肥入れと硫黄合剤の

薬剤散布に追われ忙しくしていました。





ここ最近の仕事の紹介をしておきますね

以前から依頼を受けていたお庭の改修工事とスタンプ工事を

してきました、枚方のT様にお世話になりました。





T様邸お庭改修工事 2月3日~13日

写真で紹介させて頂きます。

まずは犬走りと言うかお庭の隅でのらネコが決まった場所で

オシッコをするのでなんとかしたいと言う事で

靴脱ぎ石の両サイドをタイル張りにしました

タイルの上にはオシッコはしないと思います。 kao06.gif

今の時期は枯れてわかりませんがが、

T様のお庭は春になるとドクダミがお庭一面にはびこります、

ドクダミも緑がきれいなんですが、

どんどんひどくなって引き抜くのも大変なので、ドクダミを根こそぎ

取ってリュウノヒゲを張りました、この品種は福玉といって

ほとんど成長しません、短いままなのでとてもきれいです。

ガレージ奥の植込みのスペースです毎年草引きが大変です。

植木はすべて掘り起こし植替えです、植木が寝ているこの時期の

移植は安心ですね

地盤が軟弱なので、ダブルメッシュで通常の倍ほど

生コンを打っています。

スタンプの型を押しているところです。


ガレージの奥の植込みのスペースです、草引きが大変なのと

T様のご主人の趣味であるバイクの置き場所がほしいとの事で奥に

バイク置き場を確保しました。

これでガレージを広く使えるかな・・・

枚方のT様お世話になりありがとうございました。

次回は時期が来ましたら庭木の剪定にお伺い致します。

今後ともよろしくお願い致します。

安田造園のブログに訪問し見て頂いているお客様

いつもありがとうございます。更新しないと忘れられますよね kao21.gif

ここ最近の仕事を紹介していきますので、見て下さいね。

新年

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はたくさんの方々に大変お世話になり
心よりお礼申し上げます本年もどうぞ宜しくお願い致します。

正月休み

いよいよ今年もあと2日

安田造園では本日最終・今日で仕事納め 無事天候にも恵まれ
年内の仕事を片付けさせて頂きました。

最後に本龍寺さんの門松を作って無事終了
本龍寺様大変お世話になりありがとうございました。

既存のお客様及びホームページより訪問されたお客様
今年も1年大変お世話になり、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
みなさん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

安田造園では2009年12月30日~年明け2010年1月10日まで
正月休みとします。1月11日より平常通り営業致します。

いよいよ師走

早いもので、いよいよ今日から師走12月に入りました。
植木屋さんのラストスパート月です、f01.gif12月は特に早く
感じます、毎年の事ですが12月は特に雨が降らない事を
願って一軒一軒お客様にお世話になりながら、お庭のお手入れに
訪問させて頂いています、12月の予定はほぼ埋まっています。
雨が降らない事を願って頑張ります。

安田造園では、毎年恒例の門松の制作もありますので
なにかとバタバタしています、毎年最後の仕事は茨木市の安威
にあります、本龍寺さんの剪定作業で締めくくりとなります。

仕事の合間に今年の本龍寺さんのモミジの紅葉を見に
行ったのですが少し早かったのと、今年は気温が高いせいも
あってか紅葉の色ずきかげんはイマイチみたいです。
春は桜がきれいで、秋はモミジの紅葉がとってもきれいです。

身近に自然が楽しめる隠れスポットです、
一度訪れて観てはいかがでしょうか。

同業者のみなさん、今年最後の月です気合を入れて頑張りましょう
今月12月に訪問させて頂くお客様今しばらくお待ち下さいね。

冬季限定期間割引・受付開始

お客様へ

ネットより訪問のお客様へ
数ある造園業者さんの中から安田造園のホームページ
へ訪問して頂き誠にありがとうございます。

毎年恒例の冬季限定期間割引・予約受付開始致します。

2010年 2月~5月

剪定時期にはこだわっていないお客様
植木屋さんを探していた、現在お世話になっている
植木屋さんが、(年内に間に合わなかった)お客様
植木屋さんを替えようと検討しているお客様
その他のお客様

弊社規定見積金額より15%値引させて頂きます。

一般的な植木剪定職人手間の相場は
18,000円から25,000円が平均的です。(1人1日)

安田造園では職人の1人の手間賃は1日
20,000円とさせて頂いています。

問合せを頂いた後に現地を下見させて頂きその場でお庭を拝見
してお話を聞いた上でその場でお見積させて頂きます。

仕事の内容及び仕上がりには自信を持っています。
仕事の内容で判断して頂けると幸いです。

松の剪定 能書

ここ最近やっと11月らしくと言うか寒くなってきました。
これからますます、寒くなり日の暮れるのも早くなり植木屋さん
は一番大変な時期となりましたが植木屋さんの宿命でしょうか、
何処の植木屋さんも今の時期は、年内いっぱいはネコの手も
借りたいほど忙しいと思います。

年が明ければ仕事もいっぺんに落ち着くんですけどね。
毎年のことですが、安田造園では、冬季期間限定割引を予約
受付開始致します。 2010年2月~5月 

安田造園も年末に向けて毎日忙しい日々を
送っています、お客様に感謝です。

今日はちょっと松の剪定について能書を書いてみようかと・・・
その理由としまして、ここ数ヶ月の間ブログのアクセス数が
急激に増えていて、何を目的に見ているのかな~と思い
調べてみたら、松の剪定とか五葉松の剪定など松に関して
の検索が多いように思います。

安田造園では松の剪定に関しては、難しいものではなく
植木の剪定は松に始まり松に終わるといわれます、
植木全般の剪定に関してはこれからも一生勉強だと思います。
勉強と言えば難しいように思われますが、
松の剪定及び植木の剪定は手元だけ見るのではなく
まずは植木全体の樹形を考え庭の役割を考え枝の流れを考え
手元の剪定よりも先に枝の流れを見て不要な枝を抜く事から
始め水の流れというか、いきなり枝先を止めるような事は控えた方が
いいと思いますが、止めたいところは思い切って切り詰める事も大事
松に関しましてはせっかく将来のいい芽があるのに大事な将来の
いい芽をわざわざ摘み取ってしましい鳥の羽を毟り取ったような
剪定をされる方がいます。松は葉のない所からは芽は出てきません
一度大事な芽を取ってしまうとそこからは芽が出ません
まれに元気のいい松は松葉のない所から芽を出す事もありますが
葉のない所からは芽は出ないと思っていいです。

私の考えですが、秋から冬にかけて松は葉むしりといって
古葉と新しい葉ももみ上げをしますが、松の芽を増やす場合は
わざときれいに葉むしりをせずに、いいかげんと言えば
語弊がありますが赤松や、五葉松のように大雑把にむしる
大雑把にむしると松葉が残っているところから翌年・翌々年には
うまくいけば、芽が押してきます。出来るだけたくさん
芽を増やし必要な芽だけを残し枝数を増やす剪定方で
樹形を作っていけば数年の間でかなり芽数が増え松らしく
仕立てる事が可能だと思います。
松により思うようにいかない癖の悪い松もありますが・・・

私は修行時代京都の植木屋さんに住み込みでお世話になり
松の剪定や他植木の剪定・造園一般を教えて頂きました、
教えて頂いたというよりは仕事を見て先輩の仕事や親方の
教えを身に付けたように思います。
もう30年以上も前の事ですが、私がお世話になった
京都の植木屋さんは何も出来ないぼうずの私にいきなり
松に登るように指示され・・・剪定をさせられました。
ぼうずの私には剪定のせの字も何も分からず先輩の言われるままに
初めのうちは、松の枝の抜き方を先輩の教えに
従い来る日も来る日も、うんざりするほど叩き込まれました
この世界には好きで入ったのでうんざりはしませんでしたが、
松の本数が半端ではありませんでした。
枝の抜き方を徹底的学ばせて頂きました、
いま思えば、来る日も来る日も、昼休みになると先輩よりも
早く弁当を食べて先輩が剪定した松に登り自分なりに、
先輩の技術を盗み取り勉強しました。

30年以上も植木屋をしていると色々な松を目にします。
松は一本一本すべて違うように思います、当然オン松メン松
はありますが黒松でも赤松に近い葉の柔らかい松や手を入れると
針で刺されたように痛いというか葉の硬い松もあります。
剪定の方法も、地域によりというか、京都・大阪・泉州・和歌山
と地域により剪定方法もまったく違ってきます。
職人さんの好みや癖によって変わってきますが
泉州や和歌山方面ではガチガチというか、盆栽風のような手入れ方
が多いように思います、当然手を入れる職人の腕もありますが
京都と和歌山ではまったく別の松のように手入れ方法が異なります。

私は京都で修行をして、松の剪定方を身に付けましたが、大阪では
京都風な手入れをする植木屋さんはほとんど居ないように思います。
大阪では、ほとんどの植木屋さんが雑に手入れをしているように
思います、ちゃんとした手入れが出来ないのかもわかりませんが・・・
すばらしい技術を持っている方もいると思いますが、
京都と大阪では住宅事情の関係もあってか大阪では
京都の植木屋さんのように手間を掛けて松を手入れする
植木屋さんがほとんどいないように思います、住宅事情や
植木の維持管理に掛ける費用の面で厳しい面もありますので
大阪人は植木の維持管理に高額な費用を掛けたくないと
いう気持ちがあるせいか、植木屋さんも施主様の予算内で
仕事を収めようとするので必然的に仕事が雑になるのでしょうか?

批判めいた事を書いてしまいました、という私も大阪の植木屋さん
ですが、私はお客様の予算はあると思いますが、予算内で
出来る限りいい仕事をするように心がけています。

松の手入れに関しては、安田造園では京都と和歌山のちょうど
中間的な剪定方をとっています、大阪では住宅が狭いお宅も
たくさんあります、枝を伸ばしたくても伸ばせないしお隣さんに
迷惑をかけてしまうような、敷地もたくさんあります。
狭い敷地の範囲で一番ベストな状態になるように手入れをさせて
頂いています、広い敷地ではのびのびと、狭い場所ではそれなりに
仕立てていくように心がけています。

一般のお客様自身に植木に関心のない方が多いように
思います、植木が伸びたらすっきりきれになったらそれで満足
しているお客様や費用が安ければそれでいいみたいなお客様が
いかに多いかという事です、費用は安い方がいいに決っていますが
もう少し植木に関心を持ってほしいものですね。どんなに雑に剪定
されても、見た目にきれいになっていたらそれでいいみたいな・・・
街路樹や公園の木のように大雑把に剪定されてもお客様自身
関心のない方が多いのとお客様は素人さんですので、年々植木が
悪くなってもきずく事はほとんどありません、植木がかわいそうです
松は毎年手を入れると段々良くなってくるのがあたりまえなんですが
植えている場所や環境及び条件にもよりますが、
日当たりのいい場所であれば絶対に良くなってきます。

松の年間の手入れとしては、1月~3月に肥料入れ(油粕程度で充分)
5月中旬~6月中旬に緑摘み新しく出た長い芽を摘み取る真ん中の
長い芽だけで充分だと思います、年に2~3回は消毒
(松毛虫が付く場合があります)数が少ない場合は問題ありません、
秋から冬に葉むしり(古葉落し)秋からと書きましたが、出来るだけ
遅い時期に(12月~1月)の方が葉をむしるのは楽です冬場は
遅いほど樹液を上げていませんので、松ヤニも手に付きにくく
もみ上げも楽です、大阪の一部の植木屋さんの中には7月とか8月
に葉むしりをしている方がいますが、むしるのも大変ですし松も
新芽がまだ固まっていないので、葉を傷めてしまい
松がかわいそうです、7~8月に葉をむしるなんて私には
出来ません、たぶん植木の事は考えてないのか,回る件数が
多くて早くからしないと間に合わないのか?7月8月に松葉を
むしるのなら、松だけ残して年明けの手の空いている時期に
するべきだと思いますが・・・まあ~どっちにしてもいかに
いいかげんな植木屋さんの多いことか、あきれてしまいます。
腕のいい植木屋さんもたくさんいるとは思いますが、
いいかげんに手入れをしている松を目にすると
同業者としていらだちます、植木がかわいそうだし
お客様は災難ですよね。

すいません、グダグダと何を言っているのか、同業者に非難
されそうですが、まあ~何事も石の上にも3年と言いますが
松の剪定も一人前になるには3年いや10年は掛かります。

とは言えあまり難しく考えると何も出来ません、失敗は成功の元
松のお手入れ(剪定)を業者さんに依頼せずに自分でしようと
思われる方は、本やビデオという手もありますが、怖がらずに
とにかく鋏を入れてみて下さい、鋏を入れた松が翌年
どんなふうに芽が出ているのかを見て、思うように芽が出てなければ
またその年に鋏を入れ失敗を繰り返す事で徐々に身に付いてくると
思います、失敗しては困るような大事な松の場合は、腕に自身の
ある植木屋さんに依頼したらいいのではないでしょうか?
とはいえ腕のいい植木屋さんを探すのは難しいと思います。

いまお世話になっている植木屋さんが腕がいいのかどうかわからない
場合はその植木屋さんが少なくとも手入れした後の掃除をきれいに
してくれているのか、大雑把にしているのかである程度は判断が
つくと思います、腕に自信のある植木屋さんは自分の可愛がって
いる庭は、隅々まできれいに掃除もしてくれると信じます。

安田造園ではお世話になっているお客様のお庭は自分の庭と
考えています、自分が可愛がっている庭ですから、当然隅々
まできれいに掃除しないと気がすみません、職人の気持ちです。

能書だけで、何を言っているのかわからないとは思いますが
少しでも言いたい気持ちが分かって頂けたら幸いです。
ながながと能書・うんちくを読んで頂いてありがとうございました。

門かぶりの松

前回の更新より1ヵ月が経ちました。kao06.gif

毎日忙しいせいもありますが、ついついサボってしまいます。 kao18.gif

今回は門かぶりの松の紹介です、
この松はお客様にお世話になって16年経ちます剪定に
入らせて頂いた時は松全体が浮き上がっていていましたので、
ここまで戻すのにかなりの年月がかかりました。

当時の写真はありませんが、ここ数年でなんとか見れる
松になってきました。
この写真は安田造園の職人さんが手を入れているところです。

手入れ完了です。お客様にお褒めの言葉を頂きました。
写真ではイマイチわかりづらいですが・・・

ありがとうございました、今後ともよろしくお願いします。

松の剪定・お手入れで困っている方がおられましたら、
安田造園に・・・松の剪定には自信をもっています。
植木屋さんにお世話になっているのに何年経っても
見栄えがしない・よくならないと思っている方は
是非一度気軽にお声を掛けて下さい。